--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  ランクアップにご協力お願いします

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.09 (Sun)

マルペルチュイ

Malpertuis Malpertuis [1971]

ベルギー盤DVD

久しぶりに故郷に戻った水夫のジャン。だがなぜか実家が無くなっており、家族の行方も知れず。途方に暮れているところ、遠くに姉ナンシーの姿を見かけ、そのあとを追う。ナイトクラブに入った姉にやっと追いつき、声をかけると全くの別人、ここで働く歌手のベーだった。興味を持ったベーがジャンを誘惑すると、それを見ていたベーのパトロンがジャンを殴る。ジャンの仲間の水夫たちと他の客の乱闘となり、頭を殴られたジャンは気絶してしまう。
ジャンが目覚めたのは叔父カッサーヴの豪邸、マルペルチュイと呼ばれる不気味な館だった。昔からこの館を嫌っていたジャンは、すぐ逃げ出そうとするが、実はカッサーヴが亡くなりかけており、親族や関係者が集まっていると聞かされる。皆を集めたカッサーヴは、自分の死後、莫大な財産を皆に分け与える事になっていると話す。だが、一つだけ条件があると言う。それは今ここにいる全員がマルペルチュイで暮らし、絶対外には出ては行けないというものだった。
カッサーヴが亡くなり、仕方なく共同生活を送るようになった一同。ジャンは従妹のウリエルと結婚の約束をしながらも、叔母アリスとの肉欲に溺れてしまう。そのうち奇妙な事が次々と起こりだすが、他の皆はあまり気にもしていない。ジャンはただ一人、マルペルチュイの秘密を探り始めるのだったが・・・。

ベルギーの幻想作家ジャン・レーの小説 『マルペルチュイ』 (1943) の映画化。
ところどころ違っているものの、本筋はほぼ原作通り。ラスト近くでは現代風にアレンジされている場面もありますけど・・・とは言っても、映画が作られた1971年の「現代風」ですが。
当時はもちろんCGなんか無いし、特撮シーンもほとんど有りません。でも、それによって逆に観る人に色々と想像させる、古き良き時代のホラー映画風なところが良い感じです。
ディスク2枚組で本編は2バージョン、ディレクターズカットとカンヌ映画祭上映版(20分ほど短い)を収録。特典も充実で、これはお勧めの逸品です。
カッサーヴを演じているのは御大オーソン・ウェルズ。ウリエル、アリス、ナンシーの3役を演じるスーザン・ハンプシャーも素晴らしいです(他にもチョイ役で2役演じてるので、正確には1人5役!)
あとベー役に歌手のシルヴィー・バルタン。

B000QQLV0GMalpertuis (2pc)

Orson Welles, Susan Hampshire

アメリカ盤DVD
Barrel 2007-07-24
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : ホラー - ジャンル : 映画

 にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  ランクアップにご協力お願いします

10:35  |  DVD  |  TB(1)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは!TB,COM,ありがとうございます。

昨今の映画にない、陰影ある映像ですね。。
とくにカッサーヴとマルペルチュイ館の薄暗さ、原作の雰囲気たっぷりです。
pusai |  2005.10.10(Mon) 20:51 |  URL |  【コメント編集】

pusaiさん、ありがとうございます。

なかなか良い雰囲気で、かなり気に入っています。
実は、この本が映画化されていたのを知ったのは、2週間ほど前でした。
原作の日本語訳が出る以前に、もう映画化されていたんですね。
でも、あとがきにも映画の事が触れられていないのは、やはりマイナーだったからかなぁ。
キント |  2005.10.10(Mon) 23:22 |  URL |  【コメント編集】

★X

わざわざトラックバックをありがとうございます。こちらからもトラックバックを試みたのですが、なぜかうまく出来ませんでした。
このDVDは、日本でも観る事が出来るのでしょうか?
X^2 |  2005.12.19(Mon) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

X^2さん、ありがとうございます。
このDVDはベルギー盤でして、仕様はリージョンフリーでPALです。なので、PALを観られる環境であれば大丈夫です。
僕が買ったのはここです。
http://www.xploitedcinema.com/dvds/dvds.asp?title=5338

そういう意味ではなくて、日本盤が出るかどうかと言うお話でしたら、たぶん発売されないと思います。
キント |  2005.12.20(Tue) 19:44 |  URL |  【コメント編集】

キントさん、お答えをありがとうございました。どうやら、そう簡単には観られないようですね。確かに日本で出しても売れそうにないですが。
X^2 |  2005.12.21(Wed) 21:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sangre.blog1.fc2.com/tb.php/105-40079d90

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★ジャン・レー『マルペルチュイ』

ジャン・レー 『マルペルチュイ』篠田知和基 = 訳 / 月刊ペン社 1979 = S54叔父-カッサーヴから、莫大な遺産とともに奇妙な契約を相続した一族の運命譚。カッサーヴの末裔たちは悪夢の館にひきこもって美食や遊びに逃避する。彼らは契約によって縛され、彼らのうちの男女ふ
2005/10/10(月) 20:55:12 | Ψ

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。