--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  ランクアップにご協力お願いします

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.18 (Sat)

White Noise: The Light

White Noise: The LightWhite Noise: The Light [2006]

Nathan Fillion, Katee Sackhoff
イギリス盤DVD
Entertainment in Video 2007-04-30

by G-Tools

ある日、エイブは見知らぬ男に突然 目の前で妻子を撃ち殺される。そして男はエイブにすまないと謝り、自分の頭を撃ち抜いて自殺した。3ヵ月後、悲しみに暮れるエイブは自殺を図るが、死の一歩手前で蘇生する...。

だが、その時からエイブは奇妙なノイズが聞こえるようになる。主治医のカラスに相談すると、それは EVP (Electronic Voice Phenomena = 電磁音声伝達現象) というもので、テレビやラジオなどを通して死者が何かを伝えようとしているのだと教えられる。しかし、エイブはさらに特別だった。テレビやラジオを介さなくても死者の姿が見えたり、声が聞こえたりするのだ。臨死体験をしたことにより、エイブ自身が死者からのメッセージを直接受け取れる "受信機" になったのだろうとカラスは言う。

その翌日、カラスが心臓マヒで急死。エイブは昨日カラスの体からオーラのような白い光が出ていたのが気になっていた。やがて、死期が迫った人間が白い光を発するように見えると気づいたエイブは、望みもしない能力を得てしまった自分を恐れるようになる。

しかしある日、エイブはその能力のおかげで、交通事故で死ぬはずだった老人の命を救った。能力を人助けに活かせると気づき、生き甲斐を感じ始めたエイブは、翌日にはチンピラに絡まれた若者を、その翌日には顔見知りの看護婦シェリーを暴漢から救った。夫を亡くし孤独なシェリーと、似たような境遇のエイブはお互いに惹かれ合い始める。

いつもビデオカメラを持ち歩いていた息子が撮ったビデオを何気なく見ていたエイブは、妻子が殺される3日前に交通事故に遭いかけていたことを知る。それを間一髪で救ったのは、妻子を射殺したあの男だった。自ら危険を冒してまで人助けをした男が、なぜ3日後に助けた人間を殺したのか?

男の家を訪ねたエイブはその妻から話を聞き、男が自分と同じ能力を持っていたことを知る。残された資料を調べたエイブは、男が命を助けた人間が必ず3日後に悲惨な事件や事故を起こして、多くの人命を奪っていることに気づいた。

死ぬはずの人間を助けてはいけないのか? 死ぬと分かっていて見殺しにしろと言うのか? そう悩んでいたエイブだったが、現に最初に助けた老人がバス停に車を突っ込んで多くの死傷者を出した。次の日にはチンピラから救った若者が、恋人や仕事仲間を殺害。そして、ついにシェリーを助けてから3日目がやって来てしまった。他の犠牲者を出さないためには、シェリーを殺すしか方法はないのだが...。


* * * * *

マイケル・キートン主演 サイレントノイズ の続編ですが、直接は関係ないので前作を観ていないと話が分からないなんてことはありません。関係あると言えば、前作でメアリーという女性が誘拐された事件の記事がチラッと写るぐらいで、本筋には何の影響もなし。
エイブ役のネイサン・フィリオン、シェリー役のケイティー・サッコフは日本では知名度は低いですが、海外SFドラマファンの間では Firefly & セレニティー のマル船長と Battlestar Galactica のスターバックの共演ということでちょっとした話題になってました。そう言えば前作には Battlestar Galactica のチロルもチョイ役で出てたな。
前作に トゥルー・コーリング やら ファイナル・デスティネーション やら オーメン なんかを足して地味にバージョンアップしたような感じで、観てる間は割りと面白かったなぁー。でもアメリカでは劇場公開はお蔵入りでDVDもまだ発売されてません...。
B000MRA8R6サイレントノイズ

マイケル・キートン, デボラ・カーラ・アンガー, イアン・マクニース
日本盤DVD
ポニーキャニオン 2007-04-18

by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : ホラー - ジャンル : 映画

 にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  ランクアップにご協力お願いします

16:59  |  DVD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sangre.blog1.fc2.com/tb.php/190-3c92ac36

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。