--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  ランクアップにご協力お願いします

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.25 (Sat)

チャッキーの種

B00005JND2 Seed of Chucky [2004]
(Unrated and Fully Extended)

Brad Dourif, Jennifer Tilly, Billy Boyd, Don Mancini
Universal Studios 2005-06-07

by G-Tools

邦題 『チャイルド・プレイ チャッキーの種
墓場で拾われた生きた人形はシットフェイス (SHITFACE) と名付けられ、腹話術の人形として育ってきた。奴隷のようにこき使われ、お客さんからはバカにされ笑われる毎日。ビックリするとすぐオシッコを漏らす癖がある。それによく血みどろの恐ろしい夢を見る。なぜあんな怖い夢を見るのだろう? 僕はハエも殺せない心優しい人形なのに・・・。シットフェイスが心休まるのは、まだ見ぬ両親の事を想像する時だけだった。自分の手首には "MADE IN JAPAN" の刻印がある。だから僕は日本人なんだ。すると両親は禅の達人なのだろうか、それとも天皇に仕えるような身分ある人なのかも知れない・・・。
ある日、TVで新作映画の撮影レポートをやっていた。チャッキーとティファニーという殺人カップル人形の都市伝説を映画化するものらしい。そのチャッキーという人形の手首に自分と同じ刻印を見つけたシットフェイスは、隙を見て逃げ出しハリウッドに向かう。
人気の無い撮影所で動かぬ両親を見つけたシットフェイス。生まれた時から持っていたペンダントの呪文を唱えると、魂が乗り移り両親は息を吹き返した。目の前にいる見知らぬ人形を見て「ブサイク」だの「両親の顔が見てみたい」だのと言いたい放題のチャッキー。しかしシットフェイスは怒る事も無く手首の刻印を見せると、礼儀正しく「コンニチハ。オカアサン、オトウサン。」と日本語で挨拶する。初めての対面を喜び合う親子3人。そこにやって来た撮影スタッフを、鮮やかな連携プレーで惨殺するチャッキーとティファニー。ビックリしてオシッコを漏らしてしまったシットフェイス。パンツを脱がしてみると股間はツルッツルだった。だから女の子だと喜ぶティファニー。しかし息子が欲しいチャッキーは、成長したら出っ張ってくるはずだと言って譲らない。もっとちゃんとした名前にしようと、チャッキーは子供をグレンと名付けるるが、ティファニーはグレンダと呼ぶのだった。
また生身の人間に転生する事を計画するチャッキーとティファニー。ティファニーは映画で自分が人間だった頃の役を演じている女優ジェニファー・ティリーに、チャッキーは監督のレッドマンに転生する事にする。自分はどうなるんだろうと不安なグレン/グレンダ。ティファニーは何も心配いらないと言う。そしてチャッキーの「種」を使い、ジェニファーを代理母にして出来た赤ん坊に転生させようと考えるのだったが・・・

日本でも近々公開するらしいので、ストーリーは始めの3分の1ぐらいで止めときます。
チャイルド・プレイ』 シリーズ第5作。マジホラーの第1作、中途半端ホラーの第2~3作、ホラーコメディの第4作・・・で、今回は第4作の路線をパワーアップさせたスーパーホラーコメディでした。このシリーズで一番好きかも!? ホラーやカルト映画ファンにしか分からない小ネタを織り交ぜつつ、そんな事を知らなくても結構楽しめるようになってると思います。
何と言っても、こんな自虐的に自分自身の役を嬉々として演じているジェニファー・ティリーは最高です。前作と同じくティファニーの声も担当。
映画監督役のレッドマンも本人役で出演・・・って有名なラッパーらしいですが、僕は知らないし、単なる殺され役なのでどうでもいいです。
あと、人形夫婦に最初に殺されるのが特殊メイク・アーティストのトニー・ガードナーで、これも本人が演じてます。そんなのよっぽどのファンじゃないと顔知らないけど。
ジェニファーの付き人役に元エス・クラブ (S Club / S Club 7) のハンナ・スピアリット。 (『エージェント・コーディ ミッション in LONDON』、『エス・クラブ ザ・ムービー クローン人間をやっつけろ!』、『マイアミ7』など)
ジェニファーのパパラッチ役に映画監督のジョン・ウォーターズがゲスト出演。このシリーズの大ファンなんだそうです。
チャッキーの声はお馴染みブラッド・ドゥーリフ。 グレンの声は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピピン役ビリー・ボイド
チャッキーが日本製って知らなかった。今までのシリーズでそんな描写ありましたっけ? ん~、覚えてない・・・。

・・・と苦労してここまで書いたあと調べてみたら、ちゃんと日本公式サイトあるじゃん。先に調べときゃ良かった(泣。
http://www.seed-of-chucky.net/

チャッキーの種 チャイルド・プレイ チャッキーの種 デラックス版

ジェニファー・ティリー, ドン・マンシーニ
日本盤DVD
ジェネオン エンタテインメント 2005-12-22

by G-Tools
スポンサーサイト

 にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  ランクアップにご協力お願いします

00:10  |  DVD  |  TB(3)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★まさかの抜擢

この映画、スコア担当がピノ・ドナジオなんでしょ? 久々のハリウッドでの仕事じゃないでしょうか? サントラ欲しいね、金が有ったら直ぐ買うんだが。
ooahim |  2005.06.27(Mon) 13:06 |  URL |  【コメント編集】

★そうなんですよ

ピノ・ドナジオですよ!
ごめん、もう死んだと思ってた・・・。
サントラは出てないみたいです(悲。
キント |  2005.06.29(Wed) 11:36 |  URL |  【コメント編集】

★あれれっ、面白い!?

キント様のレヴューを拝見したら観たくなったので、先日劇場へ行ってきました。ただ、前作(~花嫁)があまりに肌に合わなかったので、正直なところ期待はあまりしていませんでした。

ところが、期待に反してかなり良かったです!しばらくこのシリーズに触れてなかったせいか、完全コメディー化もすんなり受け入れられました。しかし、パート1からと比べると驚くほどの変貌振り(笑)・・・。
個人的には変貌前のグッド・ガイ人形がイチバン不気味です。捨てても捨ててもあのまんま戻って来る、なんてストーリーにしたら、想像するだにゾッとします。

今回も突っ込みどころはいっぱいありますが、物語終盤での、転生を迫るティファニーへのチャッキーのコメントには、「さすがは、筋金入りの物の怪」の感を受けました。(妖怪人間ベムの最終回を思い出しちゃいました・・・)
ZEL |  2005.09.07(Wed) 00:45 |  URL |  【コメント編集】

★でしょ、でしょ~

そうでしょ、これ絶対面白いと思うんだけどなぁ。
でも、もうこれ以上続けない方がいいと思うなぁ(笑
キント |  2005.09.07(Wed) 21:20 |  URL |  【コメント編集】

チャ?b?Lーの種最高でした=^▽^*=?Tン?gラ?~しいです(*^m^*)(о^ー?f)ちょっと聞きたいのですがエンディングの曲はなんて曲ですか?Hすごく?mりたいです (*μ_μ)
ゆみか |  2006.07.29(Sat) 18:53 |  URL |  【コメント編集】

ゆみかさん、ありがとうございます。

え~、文字化けでなんだかよく分かりませんが、
エンディングの曲は 『One Way or Another』 のようです。
歌っているのは Full Blown Rose。有名なのかどうか僕は知らないんですが、『トゥルー・コーリング』 の主題歌を歌ってたグループですね。
キント |  2006.07.30(Sun) 21:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sangre.blog1.fc2.com/tb.php/92-ea3a75bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★チャイルド・プレイ/チャッキーの種

チャッキーのシリーズ5作目チャッキーの種 SEED OF CHUCKY・・・・・何かと思った要するに子種でした そんな訳でチャッキーとティファニーにグレンと言う男か女か判らない子供が出来たのですなぜかMADE IN JAPANで日本製・・・と言うことはチャッキーも日本人形と言うこと
2005/07/24(日) 18:11:33 | travelyuu とらべるゆうめも MEMO

★「チャイルド・プレイ/チャッキーの種」(2004)

"SEEDOFCHUCKY"監督、脚本・・・ドン・マンシーニ 出演・・・ジェニファー・ティリー、レッドマン、ハンナ・スピリアット、ジョン・ウォーターズ、トニー・ガードナー、他。出演(声)・・・ブラッド・ドゥーリフ、ジェニファー・ティリー、ビリー・ボイド・物語序
2005/10/02(日) 01:52:05 | MY HIDEOUT~私の隠れ家~

★-

管理人の承認後に表示されます
2012/11/04(日) 17:05:19 | 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。