--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  ランクアップにご協力お願いします

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.29 (Wed)

ゾンビと思たら黄泉がえり

They Came Back (Les Revenants) They Came Back [2004]

Geraldine Pailhas, Jonathan Zaccai, Robin Campillo
アメリカ盤DVD
Fox Lorber 2005-06-21

by G-Tools

邦題 『ウェイクアップ・デッドマン 奇跡の朝
英題 『They Came Back
原題 『Les Revenants
突如として7,000万人もの死者が甦った。調べによると、この帰還者たちはここ10年以内に亡くなった人ばかり。個人差はあるが生前の記憶もあり、動作が少し緩慢なこと以外は見た目も生者と変わりはない。唯一の違いは体温が低いことだけ。確実に見分けるにはサーモグラフィーに頼るしかなかった。
レイチェルの住むフランスのとある町にも約13,000人の帰還者が現れた。家族に引き取られた者はそれぞれの家庭に、そうでない者は収容所で暮らしている。2年前に事故で夫を亡くしたレイチェルだったが、敢えて夫を探すことはしなかった。やっと心の傷が癒えようとした矢先だったのに・・・。夫に会ってもどうすれば良いか分からない。それにあの人たちは一体何者なのか? 何のために戻って来たのだろう?
一方レイチェルの夫マシューは、生前働いていた会社に再就職していた。昼は会社、夜は収容所で過ごす毎日。妻の気持ちを察し、自分から会いに行くこともしなかった。会社の窓からたまに見える妻の姿を見て我慢していたマシューだったが、ある日とうとうレイチェルに声をかける。最初は戸惑ったものの、夫を家に招き入れるレイチェル。そして、生前と変わらぬ愛を確かめ合った二人はまた一緒に暮らすことにする。
暫らくすると、帰還者たちが夜な夜な抜け出し、どこかで集会を開いている事が分かる。当局は、赤外線カメラを搭載した風船を何個も町の上空に上げて監視し始める。時を同じくして、それぞれの家庭から帰還者たちが逃げ出そうとする事件が頻発する。せっかく戻って来た妻や子を再び失いたくないと、監禁してしまう家庭も少なくない。それは帰還者にとっても、家族にとっても辛い選択だった。
そんなある夜、町のあちこちでビルや車の爆発が起こる。その混乱に乗じて一斉に脱走する帰還者たち。爆発は人気の無い所ばかりなので負傷者は誰も居なかったが、当局は帰還者を危険視。ついには軍が帰還者に向かって攻撃を始めてしまうのだが・・・

ゾンビ映画だと思って買ったら、フランス版 『黄泉がえり』 だった。ま、『黄泉がえり』 は観たこと無いので、どんなのか詳しく知らないんですが・・・。
埋葬されて2年も経てば腐ったりしてると思うんですが、帰還者たちは普通の姿です。ちょっと近所のスーパー行って買い物して帰って来ました~みたいな。人間を襲って食べたりしませんし、ホントこれホラーじゃなくてファンタジーです。一風変わった異色ゾンビものとして一見の価値はあるかも!? 『黄泉がえり』 とか 『いま、会いにゆきます』 みたいな、ベタなお涙頂戴じゃないのでご安心を!
レイチェル役は『パリの確率』のジェラルディン・ペラス、監督は『タイム・アウト』脚本のロバン・カンピロ

奇跡の朝 ウェイクアップ・デッドマン 奇跡の朝

ジェラルディン・ペラス, ジョナサン・ザッカイ, ロバン・カンピヨ
日本盤DVD
バップ 2007-03-21

by G-Tools
スポンサーサイト

 にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  ランクアップにご協力お願いします

11:27  |  DVD  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★日本公開決定

奇跡の朝って題で9月23日公開。
見たかったから嬉しい。
 |  2006.08.28(Mon) 22:54 |  URL |  【コメント編集】

おぉ、情報ありがとうございます。
邦題は 『奇跡の朝』 ですか。
タイトルだけでは、何のことか分かりにくいですが、内容をうまく表してますね。
日本公式サイトはこちら。
http://www.longride.jp/kiseki/
キント |  2006.08.31(Thu) 09:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sangre.blog1.fc2.com/tb.php/93-d8f97726

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。